ブログ

apple watchアプリを考える

本日は青森出張ということで、長野(寒い)→大宮(厚着だと邪魔)→青森(最高気温一桁)と、服装に困る感じのsayaです。

今まで個人事業用の連絡手段が個人のスマホだったので、先日別途iphone7を調達しました。巷じゃiphone11が流行ですが、カメラ機能は一眼レフを持っているのでいらないのと、あと2万円で購入できるのが欲しかったという理由です。

そんな訳で実はapple製品がPC・タブレット・スマホと揃ってきたので、そろそろ温めていた計画でも進めようかと思案中。

その名も「コロコロしない日報!」

ネーミングセンス最悪ですねこれ。もともと弊社の製品であるコロコロ日報は、設計段階において「いや、スマホで入力すればいいじゃん」という考えがありました。これに関しては製品ページで「セキュリティ云々」とか理屈を捏ねて、サイコロデバイスがいいよね!としているのですが、でもやっぱりスマホ使ってなんぼ、という考えもあります。

そして、それをapple watchで作りたい。それが今の考えです。

そしてなぜAndroidじゃないのか。それはあまりにも検証する端末が多すぎるからです。理論上OSのバージョンが同じでも、そこから個別カスタマイズされているAndroidは、個人だと検証できるのがすごく限られます。そのため前々からなんとかApple watchで出来ないかと思っておりました。

そして登場したのがWatchOS6。これはApple watch単独である程度アプリが動かせるようになるとの事で、これならば実は結構単純なアプリならいけるんじゃないのかなと考えております。また製品としても、apple watch3が2万円を切ってきました(GPSモデル)。となると、そこまで手が出しにくい端末ではなくなってきたわけです。

そんな訳で早速取り掛かろうとして入るのですが、アプリが作れるなら個人向けに貯金アプリでも作ろうかなぁと何となく遠回りになりそうな予感もしてたり。。。

それでも経験することは決してマイナスではない(遠回りであっても)ので、そのあたり勉強がてら作りますかねー。

ホテルの部屋が寒い11月の青森から。

コメントを残す

*