システム

WEBページのサーバーレンタル

こんにちは!新年早々せっせと仕事をしている記事担当のsayaです。

今回は「自分でWEBページをもちたい!」という方向けの「WEBページとレンタルサーバー」について簡単にご説明します。

レンタルサーバーを借りる

WEBページというのは世界中の人々に見てもらう為ものです。そのため「これを見て!」というものをインターネット上に置いておく必要があります。詳しい説明は省略しまして、この「インターネット上に置く」というのに便利なのが「レンタルサーバー」です。

どうして個人でレンタルサーバーを借りるの?

もちろんWEBページ制作会社の中には依頼を受けてから完成・保守までをやってくれる企業もあります(というかそれが主流です)。しかしながら個人経営店や趣味で、となるといささかハードルが高いのが現実です。(WEBページをつくるのに必要となってくる金額が最低50万円以上)

またお金の流れも見えにくくなってしまう為「これだけの費用に対して、成果物(ここではWEBページ)の出来の良し悪しが判断できない」というのもあります。

さらに「WEBページの一部を別の会社で作ってもらう」などとした場合、少し嫌な顔をされたりと(経験談)色々な事が起きます。

その点、自分のレンタルサーバーならば「三ツ輪技研でまずWEBページを作ってみた。もっと大きくしたいから他の会社の依頼しよう。」となった場合、弊社(三ツ輪技研)を通さなくても、WEBページの更新や変更が可能となります。

デメリット

・レンタルサーバーを借りる費用は金額に含まれてません

あくまで個人で借りていただく為、三ツ輪技研へのお支払い金額には含まれておりません。

・ドメインの初期費用は費用に入っているが、継続使用費用は入っていない

ドメイン(いわゆるインターネットでの住所)ですが、初期取得費用は費用に入っています。しかしこのドメインは1年更新ですので、毎年更新費用が発生します。(大体¥1,200くらいですので、高額というわけではないです)

レンタルサーバーなんて面倒な場合

「レンタルサーバーなんてそんな面倒な管理できないよ」という方もご安心ください。三ツ輪技研側で全てご用意することも可能です。

WEBページ制作で迷っているなら

WEBページを作ってみたいと思ったら、まずはご相談を!

お問い合わせ

コメントを残す

*