pythonプログラム置き場

カメラで出来高検知

5月に入り、長野は予報気温30度といきなり暑くなり、すこしバテ気味のsayaです。

今日はPythonで動体検知の仕組みを作ったのでご紹介します。

用途 -カメラで製品の出来高を検出-

主にCNC工作機械の、ベルトコンベアがついているタイプになるのですが、現在カメラを使って製品がベルトコンベアから出てきたところを、画像検出してカウントするプログラムを作っています。

基本的なところは出来ているのですが、あとはデータを見える化する部分と、取付方法ですかね。プログラムでは光量の揺らぎに弱い部分があり、それを補うため安定した光を当てようとライトを設置しているのですが、これがまぁなんともかっこ悪い。
だからかっこよくしようとしても、なかなか良い形が浮かんでこない。一応リングライトでも使ってみようとは考えてはいるんですけどね・・・。

もし出来高をカウントしたいまたは検出したいニーズがあれば、お気軽にご連絡ください。(まだ試作段階ですけど)

コメントを残す

*